FC2ブログ
2018.08.13
 翁長知事が亡くなられましたね。ご冥福をお祈り申し上げます。

 抗がん剤治療で痩せ細り、それでもなお公務に出続けた姿にはもう正直休んでほしいと思ってたし。
周りが二期目出馬なんてささやいてた時は嘘でしょって思ってましたけど。
 
 ただ残酷なもので、仕方ないですが、やはりリーダー不在の今、次期知事に向けて早々に動き始める与野党。
次の知事選で色々と今後の沖縄の方向性も決まってくると思うので・・大事ですよね

 翁長知事も最後の記者会見で述べていた、北朝鮮が変わり始めてる今(変わり始めてると信じたい・・)、現時点で本当に辺野古基地が必要なのか?
そしてもうここまでやっちゃってるんだから、理由はどうであれどうであろうともうやっちゃう感の日本政府。

 いろいろな考えがありますが・・。とりあえず選挙に行かなくては!!
 
 全然話が変わりますが。最近草刈り機を買いました。

 今までは庭の芝生全て鎌で刈ってたわけです。滝のように汗を流し血豆を作り続けながら(笑)

 今度こそ!今度こそエンジン型の草刈り機を買ってやろうと幾度となくホームセンターのコーナーを徘徊し、
結局買わずに帰る怪しいやつ。僕です。

 引っ掛かるのは音のうるささと混合燃料の使用。あんま好きじゃないんですよねー

 とは言え電気充電式のやつは全然パワー無いっていうし。悩むこと3年(笑)

 そしてとうとう意を決して買いました。 これだ!手動草刈り機。笑
IMG_6813[1]_convert_20180814162950

 性能が全くの未知数で購入にはかなり勇気がいりましたが。結果は・・

 滅茶苦茶良いやないかコレ!!今までの流した血と汗を返してほしい・・。今まで四時間近くかかったのに
40分で終了。 なんてこった( ゚Д゚)

 というわけで今年は快適な草刈りライフを楽しんでおります。

 今日の音はフュージョンジャズ
 
 ハービーマン メンフィスアンダーグラウンド
IMG_6798[1]_convert_20180814162830

 フルート奏者、ハービーマンが南部R&Bの聖地、メンフィスのバンドと作った一枚 69年盤
 
 69~72年あたりはJAZZにとっての大きな変革期の年でもあり、その時期に出たこの盤はハービーマンにとっても
代表作であり、内容もこれまでのバップジャズから明らかに違ったアクションをおこしてるのが面白い

 純粋なジャズファンにとっては邪道と言われた作品だけど個人的にはこの辺の作品は非常に好きなものが多い。
生音と電子音の絶妙な融合具合というやつでしょうか(笑)
  
 勿論この盤も間違いないです!パンを買って上を振り向けば、アナログ盤が鎮座しております。checkよろしくです♪


  

 
スポンサーサイト
2018.08.07
 仕事前にはTVを見てしばらくぼーっとしてるんですが。最近は特に出勤が早くて。

 前によく見てた大相撲は時間が合わず、代わりに見る機会が多くなったのがプロレス。(笑)

 僕そんなにプロレス好きじゃあなかったんですが。 ていうのはまぁ世間でよく言われるリアルじゃないからという理由

 あとプロレス好きなうちの父親に小さいころよく技をかけられるターゲットにされてたから笑

 ショーであり格闘技ではない。・・とそう思ってました。

 が最近ぼーっと見ていて感じるのは。 コレめちゃくちゃすごいんじゃないかって

 沖縄でもグルクンマスク率いる琉球ドラゴンプロレスが何年か前に旗揚げされてますね、今では結構な人気で
社長のグルクンマスクさんは社長兼選手兼営業までこなすマルチプレイヤーなんだとか。お疲れ様です。
 
 祭りの時偶然営業でやってたのを見て。凄い面白かったんですよね

 ローカルでもこんなに面白いわけで。

 でIWGPの現チャンピオンであるケニーオメガと内藤哲也の対戦を見てたんですが。コレがまた凄くて

 まぁ僕そんなに見慣れてるわけじゃ無いので詳しくもないですが。思いっきり後ろから相手の後頭部蹴ったり
 パイルドライバーで首から落としたり。椅子で殴ったり
 これ普通の人なら死んじゃいますよね(笑)

 またその時の音がすごいんだ。バッチーんですよ

 あと一つの技に対しての返し技の連続。ある程度流れが決められてるといっても。ここまで細かい打ち合わせはできないはず
阿吽の呼吸というか。完全に引き付けられてしまってる僕

 今も昔も熱狂的なファンがいるのもうなずける。てな事を言ってるとファンの方に今頃何言ってんだって怒られそうですから

 すいません。エンターテイメントとリアルさを兼ね備えたプロレスリング。最高です。

 今日の音はただでさえ暑いのに暑っ苦しい話をしちゃいましたからココでは涼しくいきましょう

 ミルトンナシメント ミルトンス
IMG_6761[1]_convert_20180807191519

 アマゾン川で黄昏 ブラジルの声、ブラジルの北島三郎ことミルトンナシメントの89年盤。

 超名盤、ネイティブダンサーをはじめ共演をしてきた大御所、ハービーハンコックとパットセメニーグループを経て
合流した友人ナナヴァスコンセロス。二人の存在も大きい。
 
 ネイティブダンサーと比べて存分にミルトンナシメントの涼しげで澄み切った歌声を堪能できる一枚です

 
 

 

 

 

 
2018.07.21
 看板が新しくなりました♪
IMG_6664[1]_convert_20180726190603

 営業時間もしっかり8時OPENとなってます!!次は吹っ飛ばされないように気をつけます

 で早速やってきた台風10号。今度こそ直撃は間違いなし。まーた週末台風で土曜日は臨時休業。来ていただいた方スイマセン

 バッチリ台風対策もして、さぁこいよと身構えた翌朝。ん、この心地よいそよ風。直撃中なはずなのに??
そう、今回の台風も意味不明でしたね。営業できたやんけ(´;ω;`) 返しはちょっと風強かったけど
80歳のおじいもこんなパターンは初めてといってたそうで・・
 振り回されっぱなしですね。まぁ仕方ないです。

 夏休みにはいりましたが。ここ沖縄の観光客数はここ数年うなぎ上りで。2030年までにこのペースで増え続けると
ホテルが今の二倍の量必要だそうで・・ていうかさ  完全に浮かれてるけどさ そんなにうまくいくはずないんじゃないの

 沖縄は完全に今上がり調子。けど上りがあるってことはいつか下がりがある。それがいつかはわからないけど
個人的にはオリンピックを境にって感じかな

 バンバンホテル作ってるけど、これ下がってきたときどうするんだろうね。ネガティブな考えかもしれないけれど。
それに「また沖縄来たいっ」て思ってもらえるのも自分たち一人一人の心構えも必要だろうし、けど絶対その場合のことは考えて動いてかないといけないし。今を見てると・・あんまり後先考えてやってる気がしないんだけどなぁ。

 けどまだ最近は台湾、韓国、香港の方以外に、タイやシンガポールのお客さんも来てくれる。直行便が出来たからでしょうね
んで、凄く感じることが。マナーがすごくよくなってると。
 一時期と比べたら本当に感じますね。

 顔も。昔は結構どこの人かわかったんだけど。今わかんないもんね。うちの嫁なんて、韓国の人に謝謝って言って大恥
かいてましたよ(笑)あんまり先走るもんじゃないですね。うちの嫁はね、分かんないくせに先走るんです笑 懲りないし

 今日の音はクロスオーヴァーJAZZ

 リチャード・グルーヴ・ホームズ  オンサヤジョイ
 IMG_6653[1]_convert_20180726190458

 60年~70年代にかけてかけて活躍したオルガン奏者、リチャードグルーヴホームズ

 数々の名門レーベルを渡り歩いてきた彼が、幅広いJAZZの形を発表し続けてきたフライングダッチマンから出した一枚
71年作 ジャケットに写る愛娘に捧げた一枚と言われている。良いジャケットです

 中身はとにかくファンキー、ただノリノリって訳でなく、かつちゃんと洗練されていて上手さを感じる。
この人の特徴として片手で弾くベースラインの上手さにあるといわれている。オルガンジャズ。好きだなぁ

 
2018.07.21
 お知らせ!!

 本日土曜日は台風接近の為お休みになります

 小さくても台風対策はしっかりと!皆さまお気を付けて
2018.07.10
 ご案内
 実は10日間ほどお店の回線の故障で電話が通じなくなっていました!お電話いただいていた方すいませんでした(;´Д`)

 昨日直りましたんでもう大丈夫。通じます!

 またよろしくお願いします~!

しかしまぁ今年は当たり年か。いやいや、直前で逸れてくれたものの、なかなかの威力でした。

 この看板がすべてを物語ってますね(´;ω;`)
IMG_6550[1]_convert_20180711161404

 この看板結構気に入ってたのに・・。大したことないなんて倒さずにいたら。支えてたブロックと一緒に空を飛びました。
ブロックって飛ぶんですね。初めて知りました。

 何事もやはり油断は禁物ですね。気をつけます.
  

 最近特にマイクロプラスチックが世界的に問題定義されてます。

んでスタバは先立ってプラスチックストローを全面禁止にする取り組みを。台湾ではおなじみのタピオカティーのドデカストローの
禁止で物議を呼んでます。

 世界では色々と取り組みを始めている中、日本はこの取り組みに難色を示して不参加。

 余裕のない発展途上国ならまだしも、先進国日の丸日本のこの決断にはあまりにも残念過ぎる・・

 今やすっかり定番と化したマイバック。始めたての頃はやはり多少抵抗のある人も多かっただろうが(自分を含めて)、今やそんな雰囲気は無い。それが当たり前になってる。

 個人個人にその取り組みを任せてたなら、決してこの速さで浸透する事は無かっただろう。
 
 結局国がこれと決めれば、一番早くいくのである。特に日本人は

 海を目の前に生きてたら。もうそんなに時間がない事ってことはわかるよ。

 今日の音はJAZZファンク

 ファラオサンダース アフリカ
IMG_6529[1]_convert_20180711161455

 テナーサックス奏者、ファラオサンダース。バップ時代から現在まで未だに活躍中。ブラックミュージックの生き証人の一人

 少し上の世代、同じくジャズ界の巨人と言われたジョンコルトレーンの後継者ともいわれて、実際コルトレーンのグループにも
在籍していた。 

 この盤は87年作、比較的後期の作品、オランダのタイムレスからの一枚。

のっけからその圧倒的なパワーにやられてしまう。これぞソウルミュージック

ドラムは個人的に好きなアイドレスムハマンド、ピアノのジョーヒッグスの演奏もすさまじすぎる。

 再生ボタンを押す前に深呼吸してから聴きましょう(笑)