FC2ブログ
2016.06.12
ピープルズチャンピオン、モハメドアリ(カシアスクレイ)が亡くなった。
image_12374.jpg

 僕も含め黒人文化に魅了された人たちにとっては非常に大きな出来事だったかなと思います
特に人種差別の激しいとされる南部出身。
オリンピックの金メダルを黒人差別に対する怒りで川に投げ捨てた事、ベトナム徴兵をかたくなに拒み
全てを奪われてもなお戦い続け、全てを取り戻したこと。
 予告KO宣言 ・・等々掘っても掘っても伝説だらけの人

こんな人はもう出て来ない。パーキンソン病との長い闘病生活、本当にお疲れ様でした。

 音楽にもレベルミュージック(反抗の音楽)というのがある。

 やはり僕が一番に思い立つのがこの曲。スモールアックス ルーツレゲエのレジェント ボブマーレイの曲である。
 
 曲自体は聴き易いが、その内容は濃い。大木(政府、資本主義)に対して小さな斧(民衆)で立ち向かうという内容。

 70年代全盛期のレゲエ、ルーツサウンドはとにかく内容が濃い。
ただ流しで聴くだけなら、適度にゆるく、女性にも聴き易い楽曲が多いが、実は内容の濃さにおいては
ブラックミュージックトップクラスである笑

 レゲエサウンドの鬼才、リーペリーによるオリジナル、世界進出を果たしてからのアイランドのバージョン等あるが
僕は断然オリジナルが好き。
IMG_4134[1]_convert_20160616054539

 この一枚はタワレコで見つけた一枚ですが、6枚組お得ボックスみたいな感じでかなり安値で売られていた。
そんな感じなのでジャケに対して全く力は入っていないが笑 内容が意外にもなかなかコアでたまに今でも取り出し聴くコンピ
 スモールアックスは非常に有名な曲なので
アルバム アフリカンハーブマンにも入ってるし、リーペリー側のコンピにも収録されている
 
 夏になれば日本も参議院選挙がある。今回から18歳からの投票も可能になる。
ぼくが18の頃、ほんとにこの先自分がまずどうしてくかで、選挙なんか考えたこともなかった。考える余裕がなかったなぁ

 そういうことを思えばシールズ等々、しっかり政治について考えてる若い人が多い事にただただ感心してしまう。
まぁ無関心な人もやっぱり多いですけどね。人の考えは十人十色、でもとりあえず参加をするという事に意義があると思う。

 本格的な夏はもうすぐそこまで来ています。

 
 
 

  
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://asian1026.blog51.fc2.com/tb.php/559-a45bfe0e