FC2ブログ
2018.08.07
 仕事前にはTVを見てしばらくぼーっとしてるんですが。最近は特に出勤が早くて。

 前によく見てた大相撲は時間が合わず、代わりに見る機会が多くなったのがプロレス。(笑)

 僕そんなにプロレス好きじゃあなかったんですが。 ていうのはまぁ世間でよく言われるリアルじゃないからという理由

 あとプロレス好きなうちの父親に小さいころよく技をかけられるターゲットにされてたから笑

 ショーであり格闘技ではない。・・とそう思ってました。

 が最近ぼーっと見ていて感じるのは。 コレめちゃくちゃすごいんじゃないかって

 沖縄でもグルクンマスク率いる琉球ドラゴンプロレスが何年か前に旗揚げされてますね、今では結構な人気で
社長のグルクンマスクさんは社長兼選手兼営業までこなすマルチプレイヤーなんだとか。お疲れ様です。
 
 祭りの時偶然営業でやってたのを見て。凄い面白かったんですよね

 ローカルでもこんなに面白いわけで。

 でIWGPの現チャンピオンであるケニーオメガと内藤哲也の対戦を見てたんですが。コレがまた凄くて

 まぁ僕そんなに見慣れてるわけじゃ無いので詳しくもないですが。思いっきり後ろから相手の後頭部蹴ったり
 パイルドライバーで首から落としたり。椅子で殴ったり
 これ普通の人なら死んじゃいますよね(笑)

 またその時の音がすごいんだ。バッチーんですよ

 あと一つの技に対しての返し技の連続。ある程度流れが決められてるといっても。ここまで細かい打ち合わせはできないはず
阿吽の呼吸というか。完全に引き付けられてしまってる僕

 今も昔も熱狂的なファンがいるのもうなずける。てな事を言ってるとファンの方に今頃何言ってんだって怒られそうですから

 すいません。エンターテイメントとリアルさを兼ね備えたプロレスリング。最高です。

 今日の音はただでさえ暑いのに暑っ苦しい話をしちゃいましたからココでは涼しくいきましょう

 ミルトンナシメント ミルトンス
IMG_6761[1]_convert_20180807191519

 アマゾン川で黄昏 ブラジルの声、ブラジルの北島三郎ことミルトンナシメントの89年盤。

 超名盤、ネイティブダンサーをはじめ共演をしてきた大御所、ハービーハンコックとパットセメニーグループを経て
合流した友人ナナヴァスコンセロス。二人の存在も大きい。
 
 ネイティブダンサーと比べて存分にミルトンナシメントの涼しげで澄み切った歌声を堪能できる一枚です

 
 

 

 

 

 
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://asian1026.blog51.fc2.com/tb.php/670-a003808e